• トップ /
  • 銀行でお金を増やす方法

特別優遇金利でお金を運用

銀行でお金を増やすには、いったいどのような方法があるのでしょうか。というのは、この超低金利の時代にあっては、銀行の定期預金に資金を預けていても、ほとんど利子がつかないという状況になっているからです。そこで、銀行の相談窓口などに行きますと、余裕のあるお金を投資信託で増やすという方法を勧められます。ただ、投資信託であれば、別に証券会社を利用してもいいわけですから、銀行でなければならないということにはなりません。でも、銀行の場合には、投資信託を購入すれば、特別優遇金利で定期預金を利用することができるというようなメリットをつけてくれる場合もあります。例えば、200万円のお金で投資信託を購入すれば、100万円までを年率2.5パーセントの特別優遇金利で、定期預金に預けることができるというようなシステムです。しかし、この場合、特別優遇金利でお金を預けられるのは3ヶ月間というような制限がつくことになります。ですから、確実にお金を増やすという安全志向の方には、一考の余地がある投資方法であると言えるのではないでしょうか。それから、なるべく損をしないという投資方法をお好みの場合には、積立投資をお勧めすることもできます。

お金の基本情報

↑PAGE TOP

Menu